エブリィDA64W/DA64Vのスライドドアハンドル(アウターハンドル)の取り外し方・取り付け方法

スライドドア周り

ここではスライドドアのハンドルを取り外す方法を説明していきます。作業自体は複雑ではないですが、スライドドア関係の作業はスペースが狭いので地味に大変です。前の座席を目一杯前に、セカンドシートを目一杯後ろに下げて作業していきます。

 

アウターハンドルの取り外し方法

やっていきます(^^)/

スライドドアの内張り(ドアトリム)を外す

スライドドアの内張り(ドアトリム)を外していきます。内張りの外し方は他の記事で詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。

スライドドアの内張りの外し方はこちらをクリック

スクリーンを外す

ドアのスクリーン(黄色いビニール)のブチル(黒いネチャネチャ)をスクレーパーで切りながら剥がしていきます。ブチルが他のところに付くと黒い汚れを落とすのが大変なので慎重に取り扱います。めくったあとはマスキングテープでめくりあがってこないように固定したりします。

インナーハンドルリンク機構を外す

スクリーンが作業ができる程度にめくれたら次はインナーハンドルリンクを外していきます。3つのボルトと3つのコネクターが下の方にあります。3つのボルトは画像の赤丸部分と10mmのボックスがささってるボルトです。10mmボックスが刺さっている部分はガラスレールと共締めになっています。

スクリーンを下の方までめくっていくとインナーハンドルリンクにつながるコネクターが3つあります。2つは画像に見えているグレーとホワイトのコネクタ。もう一個のコネクタは右上に立ち上がっていってリンクすぐ下で結線されています。これらを外します。

外れました。次は奥に見えるガラスレールを外します。

ガラスレールを外す

ガラスレールは上下2ヵ所がボルトで固定されています。上のボルトは画像の赤丸部分です。外していきます。下側のボルトは先ほどのインナーハンドルリンクと共締めになっているのでもうフリーの状態です。赤丸のボルトを外すだけでガラスレールは外れてきます。

ドアハンドルのボルトを外す

ついにドアハンドルが見えてきました。取付ボルトは二つ赤丸部分です。ドアの内部にボルトを落とさないように気を付けながら外します。

ボルト2本を外し終わったら車両外側に回りドアハンドルを外側から外していきます。画像のようにドアハンドル前側にトリムリムーバーを差し込んでこじて外します。傷が心配であればマスキングテープで保護してからこじます。

左斜め下方向へずらすように外していきます。

外れました!

アウターハンドルの取り付け方法

アウターハンドルの取り付けは『取り外し方法』を逆から順番に作業していけば取付できます。

アウターハンドルのボルトを付ける時にボルトをドアの中に落としてしまうことが時々あります。取り出すだけでも大変ですし、専用のツールも必要になります。

ボルトの脱落防止としてマスキングテープを使った裏技を説明します。

ボックスの先端にマスキングテープを軽く貼ります。

貼ったマスキングテープの上からボルトをボックスに強引にセットします。これをするだけでボルトをセットしたままボックスを横に向けても下に向けてもまったく落ちなくなります。是非活用してください。

アウターハンドルを外すのに使用した工具

今回使用した工具です。左から順番に

・富士倉ハンドライト
愛用のハンドライト。根本が磁石になってるので照らしたいところを照らしながら両手で作業できる優れものです。

・ラチェット&クイックスピンナ&エクステンション&10mmボックス
アウターハンドルのボルト、インナーハンドルリンクのボルトを外すのに使用しました。

・スクレーパー
スクリーンのブチルを切るのに使用しました。

・トリムリムーバー
アウターハンドルを外すために使用しました。

・クリップリムーバー
インナーハンドルリンクの配線のツメを外すのに使用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました