エブリィDA64W/DA64Vのスライドドアガラス交換・取り付け方法編

スライドドア周り

エブリィのスライドドアガラスの取り付け方法を解説していきます。ドアガラスつけるより付属部品のとりつけが主になります。基本的にスライドドアガラスの取り外し方法を逆の手順からこなしていけば問題なく取付できます。そちらも参考にしてください。

スライドドアガラスの取り外し方法はこちら

 

スライドドアのガラスの取り付け方法

やっていきましょう(^^)/

ガラスをスライドドアに差し込む

上の画像はスライドドア後ろ側の縦サッシです。赤矢印から差し込んで、画像のようにレールに入れ込みます。ドア側のネジ穴に合うよう調節して差し込んでいきます。

作業者が二人いるのであれば、一人は中にいてネジを取り付ける担当、一人は外からガラスを差し込む担当と別れると作業がスムーズに進みます。

ガラスフィルム等を貼った場合はガラスの内側(フィルムを張った側)を傷つけないように細心の注意を払います。不安な場合は傷つきそうな鉄板の縁などをマスキングテープやガムテープで養生しておきます。

ボルトを取り付ける

サービスホールから慎重にボルトを差し込んで取り付けます。ボルトをドア内に落とすと専用のツールがないと救出できないので気を付けてください。

ちなみに

こんな工具で救出します。

マグネットピックアップツールといって先端のゴールドの部分がマグネットになっていてシルバーの部分が自在に曲げることができます。これでドアの底を探り、落としてしまったボルト等を拾います。

サイドバイザーを貼り付ける

この工程が一番時間がかかってめんどくさいです。サイドバイザーを再利用する場合両面テープを貼りなおす必要があります。糊が残っているのでこれをプラスチックヘラ等で削ってすべて剥がしていきます。

バイザー自体を傷つけないように気を付けながら剥がしていきます。車両の年式が新しいと端から順番に指でめくっていけば簡単にめくれるのですが、年式が古いやつは両面テープの糊が劣化して剥がすのが大変です。頑張ってください(^^)/w

8割ほどをプラスチックヘラでこそぎ落したら、残りの薄く残った糊をシリコンオフ、ホワイトガソリンと言われる溶剤をウエス等に浸して糊を溶かして柔らかくしながらめくっていきます。

バイザーの糊面が綺麗に掃除ができたら新品の両面テープを張っていきます。今回は上の画像の両面テープを使用します。

こんな感じで貼っていきます。次はドア側に残った糊を剥いでいきます。

スライドドアに残った糊は手でつまんではがれてきたのであらかたつまんで剥がしました。残った糊はバイザーと同じようにシリコンオフで溶かしてはがしました。綺麗に掃除し終わったら次は貼り付け準備をしていきます。

両面テープの保護テープを部分的に剥がします。まずバイザー後ろの縦側のみ剥がします。

バイザー前側の縦を剥がして、前の横を5㎝程めくりめくった紙を上側に織り上げます。両面の保護テープを剥がし終わったら車に貼り付けていきます。

上でめくった以外の保護テープは残したままはりつけていきます。スライドドアバイザーの前側はフロントドアバイザーと高さを合わせて貼り付けます。前後方向の隙間は約1mm程のこして貼り付けます。

スライドドアバイザーの後ろ側の高さはバイザーの段差とドアのプレスの段差を合わせるように貼り付けます。前後の隙間は前と同じ程度になるように貼り付けます。

残った保護テープを剥がしていきます。画像の様に両面テープの白い保護テープを上に引っ張るとはがれていきます。最後まで剥がれたらすべての両面テープ部分を順番に体重をかけてしっかり圧着していきます。バイザークリップ2ヵ所もスライドドアパネルにしっかりと引っ掛けます。これでバイザーの装着は完了です。

ガラスランを付ける

ガラスラン。ガラスのレールに差し込んであるゴムを装着していきます。ガラスに装着する前に裏側(レールに接地する側)にCRCを吹いておくと差し込んでから滑りやすくなるので位置調整がしやすくなります。

ベルトモールを付ける

ベルトモール(外側・中側)を装着します。位置を確り見極めてパチッというまで体重をかけて差し込みます。ベルトモールの取り付けは外すときと違い簡単です。

後ろ側のレールを取り付ける

レールのボルト位置は赤矢印部分です。

前側のレールを取り付ける

スライドドア前側のレールを取り付けます。上側のボルトは赤丸部分です。下側はインナーハンドルリンク機構と共締めです。

インナーハンドルリンクを取り付ける

リンクを元の位置に差し込み、下側にあるコネクタ3ヵ所を結線する。

リンクのボルト3ヵ所を取り付けます。赤丸二つとラチェット部分です。ラチェットが刺さっている部分はガラスレールと共締めなのでレールの位置を調整しながらボルトを締めます。

スクリーンを元に戻す

スクリーン(黄色いビニール)を同じ位置に戻し黒いブチル部分を上から圧着します。圧着が不十分だと雨の日や、洗車等で水漏れしてくるのでしっかりと圧着していきます。

ドアトリムを付ける

ドアトリムの取り付け方法は詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。

スライドドアトリムの取り付け方法はこちらをクリック

これで無事完成です!お疲れ様でした。

今回使用した工具たち

今回使用した工具はこちらです。左から順番に

・富士倉ハンドライト
根本が磁石になっていて何処にでもくっついて両手が塞がらないので重宝しています。磁石部分は車に傷がつかないようにマスキングテープで保護しています。

・KTC ラチェット&クイックスピンナ&エクステンション&10mmボックス
インナーハンドルリンクのボルト、レールのボルトを締めるのに使用しました。

・KTC 8-10メガネ
№1ドライバーにかけてドアガラスのボルトを確りと締めつけるのに使用しました。

・KTC №1プラスドライバー
ドアガラスのボルトを締めるのに使用しました。首の部分が六角になっていてメガネをかけることでかなり強く締め付けることができます。

ドアバイザーを貼り付けるのに使用した工具たち

バイザーを貼るのに使用した工具です。

・ホームセンターで買ったニッパー
両面テープを任意の場所で切るのに使用しました。

・プラスチックヘラ
スライドドア、バイザーに残った古い両面テープを剥がすのに使用しました。毎回400番程度の紙やすりで軽く研いでから使用しています。

・カッターナイフ
今回のバイザー貼り付けでは使用していないです。ドアバイザーを剥がすときに使用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました