エブリィda64wのステアリングハンドルキュルキュル異音修理

エブリィda64wのステアリング異音を修理しました。この異音はエブリィ以外にもよく発生するので他車種でもハンドルを切ったときにキュルッキュルっと音がする場合は真っ先に疑ってみるのがいいですね。

 

エブリィda64wのハンドルのキュルキュル異音修理

エブリィで走行中、右左折などでハンドルを切るときにキュルッキュルっと異音がしていました。

原因は走行に支障をきたすような物ではないのでほかっておいても大丈夫なのですがなんとも車が安っぽくポンコツに見えてきてしまうのが気になって気になって簡単に治せるので修理することにしました。

動画での修理解説

2分で分かる!エブリィda64のハンドルキュルキュル異音を修理

原因はシャフトとカバーのこすれ

ハンドルの異音はステアリングシャフトとステアリングシャフトカバーのこすれが原因でした。

場所はブレーキペダルの奥で画像上ではマイナスドライバーで指し示している箇所になります。このカバーを指で押さえながらハンドルを回して異音が鳴りやんだらほぼ100%ここが原因です。

隙間に潤滑剤を塗布して滑りをよくしていきます。

CRCではなくグリスがおすすめ

実は記事にはしていませんがこの修理は初めてではなく2回目です。前回も異音がした時に隙間にCRCを流し込みました。

その時は音がなくなり治りましたが、半年ほどで音が再発しました。CRCはサラサラしているので油分がすぐに流れ落ちてしまったかもしれません。

なので今回はグリスを確りと塗布することにしました。

使用したのはトヨタ純正ベアリンググリスです。全然用途違いますがまぁ問題ないでしょうということで近くにあったこのグリスを使用しています。

細いマイナスドライバーを使用してグリスを隙間に確りと塗り込みます。

これでもかというぐらいにぐりぐり塗りたくります。

余計なグリスを拭き取り、試運転していみてハンドルをきったときに異音がなければ修理完了です。

使用した工具達

・細いマイナスドライバー
・トヨタ純正ベアリンググリス
・富士倉ハンドライト
です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました