エブリィDA64W/DA64Vのフロントバンパー外し方・取り付け方法

フロント周り

ここではエブリィのフロントバンパーの外し方・取り付け方法を説明していきます。

バンパーの取り外しの注意点は、バンパーを取り外した後に置く場所の確保。外した際に高確率で壊れる部品があるのでそれらの事前準備が大事です。手順のなかで詳しく説明していきます(^^)/

 

フロントバンパーを外す手順

さっそく始めていきます。

下側のクリップを外す

下側のクリップは赤矢印部分に2ヵ所。下からのぞくとクリップが見えます。

これが下からのぞいた画像です。赤丸の奥まった部分にクリップがいます少し外しにくいですが頑張って外してください。

下からのぞくのが大変な場合はこんなかんじで手鏡を下において鏡越しに見ながら作業すると楽ですよ(^^)/

サイドのクリップを外す

赤矢印部分のホイルハウス内をのぞくとクリップが一個います。これを外します。右も同様に外します。

バンパーのはめ込みを外す(リテーナーから取り外す)

クリップが外したらバンパーを手前に引きボディーから外していきます。ツメで引っかかっているので少し硬いかもしれません。バチバチっと音ともに外れると思います。外れにくい場合はCRCなどを隙間に流し込むと簡単に外れますよ(^^)/

少し暗くて見にくいですが、赤矢印の部分にある黒いのがツメです、これがバンパーに引っかかって保持しています。

ナンバーを外して中のボルトを外す

横が外れたらナンバープレートを外していきましょう!

ナンバーを取り外すと奥にボルトが一本います。それも外しましょう!

ボンネットを開けて上側のボルト、クリップを外す

バンパーの上側のクリップとボルトをはずしていきます。上の画像の黄色丸部分にボルト、赤丸部分にクリップが一個です。

クリップ&ボルトが外れたら引っかかっているツメを外します。

バンパーを外すと同時にフォグランプコネクターを外す

ツメを外すとバンパーが外れてきます。最後にフォグランプのコネクターがついているので外しましょう。この工程は一人にバンパーを持っていてもらってもう一人が配線を外すという感じで 二人でやるのが望ましいです。

バンパーの取り付け手順

バンパーの取り付け手順は取り外し手順を参考に逆からやっていけば取付できます。最後にフォグランプが点灯するきちんと確認しましょう。

バンパーを置いておく場所を確保

バンパーを置いておく場所ですが、私は画像のようなスプレースタンドという物に置いておきます。

こんな感じに保管しておくことができます。バンパー以外にも外したドアを置いたり、サイドステップなど長い物を置いたりと便利を通り越して作業に必要不可欠な道具といっても過言ではありません。

またこんな感じでスプレースタンドの上に使い古しのタオルケットなどを掛ければバンパーをひっくり返しておいても傷がつきにくくなり、この上でバンパーの部品の取り外し等の作業をしたりもできます。

今回使った道具たち

今回使った道具はこんな感じです。

左から
・クリップクランププライヤ35°
・プラスドライバー №1
・クリップクランプツール アングル大
・クリップクランプツール ストレート大
・手鏡(画像のは何処かの車のドアミラーを外した物)
・ハンドライト

ここには移し忘れましたがラチェットと10のボックスを使ったと思います。バンパーの上に使ってあるボルトを外すのにドライバーでは力がかかりくかったためラチェットで取り外しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました