エブリィバンDA17Vのバックドア(ゲート)の取り外し方法・取り付け方法

リア回り

今回はエブリィバンのバックドアの脱着について記事にしました。

基本は二人で外していきますが、ある程度筋力があり重いものを持つ自信があれば一人で外すこともできます。

 

エブリィバンDA17Vのバックドア(ゲート)の取り外し方法

バックドアは配線、ダンパー、ヒンジのボルトを外せば外れてきます。詳しく解説していきます(^^)/

ハイマウントストップランプを外す

配線はすべて外しドアから抜きます。まずはストップランプの配線を外していきます。

黄色矢印部分にツメが隠れています。よく見ると表からでもどこにツメがあるか見えますよ。

細いマイナスドライバーを使ってツメを押し外します。使用している工具はPBスイスツールのマイナスドライバーです。

ツメを両側浮かせたらとりこじってトリムリムーバーなどでこじって外していきます。使用している工具はKTCハンディリムーバー中サイズです。

ストップランプが外れると根本にコネクターがいます。それを外しますストップランプはネジ箱などに保管しておきます。

ウォッシャーノズルを外しホースをゲートから抜く

ウォッシャーのホースもボディから繋がっているのでウォッシャーノズルを外しホースをバックドア(ゲート)から外します。

ウォッシャーノズルは上下にツメがあるので根本の下側にマイナスドライバーを差し込みツメを押しつぶします。使用した工具はハイマウントストップランプのツメを押さえるのに使用したPBスイスツールのマイナスドライバーです。

ウォッシャーノズルが外れました。ツメはこんな感じになっています。

ウォッシャーノズルとホースを切り離します。ゴムホースは刺さっているだけなので工具でこじって抜きます。画像で使用している工具はKTCクリップクランプツールアングル小です。

外れました。ウォッシャーノズルもなくさないようにネジ箱に保管しておきます。

右側のヒンジの横のジャバラのゴムの中をウォッシャーホースが通っているのでゴムをはずしてホースを抜いていきます。

写真のようにバックドア(ゲート)側を外します。使用している工具はハンディリムーバー中サイズです。

外れました。こんな感じでだらーんと垂らしておきます。

配線を外しゲートから抜く

次はバックドア(ゲート)の配線をすべて抜いていきます。配線のクランプ位置などはよく忘れてしまいます。外してから「あれ?どこだったかな?」と思ったら、下の画像を参考にしてください。

この写真はドアの裏側正面に立って左側です。

黒い配線を外していきます。左上に熱線につながっています。画像上の白い配線のクランプ2個も外します。

この写真は中央上部分

シルバーの金具はワイパーモーターですコネクターを外します。ワイパーモーターの右下にあるアースボルトも外します。配線クランプも2ヵ所外します。

この写真は中央下部分左したに見えるのはドアロックですね。ドアロックにつながるコネクターを外してその上にあるクランプも外します。

バックドア(ゲート)を外してドアを壁などに立てかけて置いたときにドアロックが一番最初に接地して荷重がかかります。

あまりよくないので私の場合はドアロックは事前にはずしておきます。ドアロックを外す画像は忘れていました(*_*;

この写真はドアを裏側正面に立って右側です。配線クランプをすべて外し、右上に立ち上がっている青い配線がガラスの熱線に繋がっているのではずします。

同じく右上に立ち上がってドアの中に入っていってるスポンジが巻いてある配線はボディ側に繋がっています。ここから抜いていきます。

ゲートのガラスの横のせまい柱の中を配線が通っています。ゲートの上側から引っ張って抜いていきますが、枝分かれした配線が中で引っかかってどちらにも抜けなくなるのを防ぐためにマスキングテープをぐるぐる巻いて枝分かれした配線を一本にまとめます。

バックドアの左側のゴムを外していきます。

こんなかんじでバックドア(ゲート)側で外します。

ゴムを外すと配線が二本見えます。細い線はハイマウントストップランプの線で穴から右側に入っていってます。スポンジの巻いてある太いほうの配線は先ほど一本にまとめたドアロックやワイパーモーターの方面に行く線です。この二本を両方抜いていきます。

抜けました。ハイマウントの配線は簡単に抜けるのですがドアの柱を通っている太いほうは外すのに苦戦する場合があります。抜いている最中に引っかかったら無理せず戻してもう一回抜くという感じで地道に抜いていくのがコツです。引っかかっているところを無理に引っ張るともっと強く引っかかりドツボにはまってしまいます。

つっかえ棒をして左右のアブソーバー(ダンパー)を外す

配線&ウォッシャーホースがはずれたら次はバックドアを支えているダンパーをはずしていきます。当たり前ですがダンパーを外すとドアは開いたまま保持されません。バタン!と落ちてきます。

なのでそれを防ぐために後ろ側で支えておきます。上の画像に写っているつっかえ棒は自作した伸縮する支え棒です。

今回は自作棒で支えていますが背の高い脚立などがあるのであればそちらの方が安定感がありバックドアを外しやすいです。脚立の一番上に毛布をかぶせればドアも傷つきません。

ダンパーを外していきます。真ん中の黒いピンを浮かすと外れてきます。

KTCクリップクランプツールアングル小を隙間に差し込んで外しました。ダンパーにドアの荷重がかかっていると外しずらいので片手でドアを持ち上げながら外します。

外した中はこんな感じです。帯の鉄がしっかり噛むことで外れないようになっています。帯鉄をこじると帯鉄の歯が広がるのでしょう。

毛布をはさみヒンジのボルトを外す

ついにヒンジを外していく・・・・前に!

しっかりと養生します。脚立にのぼりボディルーフとバックドア(ゲート)の隙間に毛布を差し込みます。

差し込んでいくと中のほうから毛布がのぞくので引っ張りだしてボディーとドアの間にしっかりと毛布をすべりこませていきます。こうすることでヒンジのボルトをはずしたときにバックドアの縁がボディに当たって傷つくことを防止します。

もちろん右側まで毛布をしっかり滑り込ませます。

ヒンジのボルトを外していきます。メガネレンチで一度すべて緩めてからラチェットレンチで順番に外していきます。

外す

ヒンジのボルトが外れたらもうゲートはボディとつっかえ棒で支えられて乗っかっているだけです。つっかえ棒を先に外し、左右に一人ずつ立ちはずします。

一人で外す場合はつっかえ棒を外しドアの下側中央を右手で支え、左手でハイマウントの裏側あたりを支え、バンザイするような形で持ち上げればドアを外すことができます。かなり力がいるので注意していください。

外す前に何処にドアを置くか決めて置きその場所に傷つかないように毛布やクッションをおいておきます。

エブリィバンDA17Vのバックドア(ゲート)の取り付け方法

エブリィバンのドアの取り付けは逆の手順で作業していけば大丈夫です。

ゲートの柱を通っている配線を通すのが大変ですが頑張ってください。番線等を先に通してバン線の端に配線を引っ掛けて通すというやり方でいつも私は作業しています。

脱着完了後はすべてのバックドア(ゲート)の電装品が作動するかどうか確認します。

エブリィバンDA17Vのバックドア(ゲート)の脱着に必要な工具

今回使用した工具を紹介します。

・ラチェット&10mmソケット
配線のアースボルトを外すのに使用しました。

・KTCクリップクランプツールアングル小
ウォッシャーノズル等を外すのに使用しました。

・KTCクリップクランプツールアングル中
配線のクランプを外すのに使用しました。

・ KTCハンディリムーバー中サイズ
配線が通っているジャバラのゴムを外すのに使用しました。

・KTC 8×10mmメガネレンチ
ヒンジのボルトを緩めるのに使用しました。

・ラチェットメガネレンチ
ヒンジのボルトを緩めるのに使用しました。

・伸縮する棒(自作)
バックドアを一時的に支えるのにしようしました。170~200まで伸び縮みします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました